風俗帰りの銭湯が最高

特別。でも力まないことです

風俗は特別な時間になりやすいと言うか、やっぱり遊んでいると楽しいものですし、普段女の子と裸で向き合うようなシチュエーションそのものがない自分のような男にとってこれ以上ありがたい時間はありません。つまりは特別な時間ということになりますけど、だからといって力み過ぎないようにとは心掛けています。特別な時間だからこそ、前のめりになってしまったりついつい力んでしまうケースはどうしてもあったんですよね。でも力むと案外空回りしてしまったり、相手の風俗嬢だって困ることも出てくるかもしれないじゃないですか。だから風俗では力まないようにと心掛けるようになりました。その点を心掛けるだけでも状況は全然違ってくるんじゃないのかなと思いましたし、実際に自分でもその点を心掛けるようになってから風俗での楽しみ方そのものが大きく変わってきたんじゃないのかなって感じていますので、力まずに女の子と向き合うことが大切なんですよ(笑)

プランに固執しない柔軟性

遊ぶ前には風俗嬢との時間をシミュレーションすると思うんですけど、それはあくまでも予想というか予定というか、別に確実性のあるシミュレーションではないんです。だからあんまり固執しない方が良いなって。むしろどんな展開になるのか、自分のシミュレーション通りではなくと楽しもうとする柔軟な姿勢の方が大切なんじゃないのかなって思うんですよ。なぜなら、その方が相手も全力を出しやすいからです(笑)自分の思い描いたプレイを相手の風俗嬢に強いるとなれば、相手だってきっとストレスになってしまうと思うんですよ。でも相手と一緒に、さらにはこちらは柔軟性を持って相手のプランを体で受け止めるくらいの気持ちでいた方が、最終的には大きな快感を味わうことが出来ているんじゃないのかなって思いますので、自分のシミュレーションやプランに固執するのではなくて、自分の好きなように楽しむくらいで良いんじゃないのかなって思いますけどね。それが秘訣ですよ。