風俗帰りの銭湯が最高

気持ちが強まる。それも風俗です

風俗に行くことによって性的な満足感を満たすことが出来るって思っていますけど、女の子に抜いてもらうことによって、より一層気持ちが高まる部分もあれば、抜いてもらうからこそ新しい何かに気付かされることもあるんですよね。新しいテクニックを満喫している時なんかは、「もっと今のをしてもらいた」という気持ちが出てきて、さらにはそれらが高じてもっともっと今のプレイを楽しみたいとか、次は今のプレイを重点的に楽しませてもらおうとか。本当にいろんな気持ちが出てくるようになるんですよね。だから風俗は日々成長だなと(笑)固定観念と言うか、性欲は決して不変で固まっているものではにあんです。新しい刺激を受ければ、それによって「もっと違うこともあるんじゃないのかな」と思うのが男だと思いますので、いろいろな気持ちになるのは決して悪いことではないんじゃないのかなって思いますし、その発見もある意味では風俗の素晴らしさの一つと言っても良いでしょう。

何度も遊びたくなるのは初めて

好奇心は旺盛だと思うんですけど、ただ飽きっぽい性格でもあるので何かを試してそれで満足することが多いんです。試して、さらには継続するってことは風俗以外にはないんですよ(笑)だから自分の中で風俗は相当マッチしているんだろうなと思っています。風俗に関しては本能なので飽きるとかって話ではないんだろうなと思いますし、更に言えば風俗は毎回自分でテーマを決められるじゃないですか。とりあえずポータルサイトを見て、その日の気分で自分に合った女の子を探せますけど女の子だって相当数いるじゃないですか。ということは、毎回のように自分でいろんなことをシミュレーションしつつ、イマジネーションを膨らませるというか自分の思い描く展開に沿って女の子を選べるんです。しかもこれが言わば本能の叫びのようなものじゃないですか。だから風俗で遊ぶことだけは、未だに全然飽きないですし、もっともっと楽しみたいって気持ちさえあるんですよね。