風俗帰りの銭湯が最高

尽きない風俗への気持ち

かれこれ何年風俗で遊んでいるのか分かりませんけど、風俗への情熱と言うかモチベーションだけは尽きないものですね。それまでに新しく始めて、でも気付けばやらなくなっていたことやいつしか気付けば「過去のもの」になってしまった趣味だって珍しくない中で風俗だけはずっと続いています。自分自身、継続力がある方だとは思わないんですけど風俗だけは続いていますよね(笑)もしもですけど、月に一度の習い事でもこれだけの期間遊んでいればそれなりのものになったんじゃないのかなという気持ちもありますので、自分でも驚かされることもあるんですけど、それはそれでなかなか面白いというか、自分ってこんなに風俗が好きだったんだなって思わされることも珍しくありませんし、それによって自分の情熱と言うか、いろいろなジャンルへの興味も出てくるんです。だからこれからもきっと風俗は辞めないですし、風俗そのものがなくなることもないんじゃないかなと。

快感の度合いも違いますしね

どんなジャンルの風俗にするかが、快感を決めると言っても過言ではありません。風俗はフィニッシュというか、快感の絶頂は同じですけどそこまでのプロセスは全然違うじゃないですか。さらに言えば、同じジャンルでも女の子によって結構違いますよね。それぞれのスタイルというか、女の子としてもいろいろなことを考えているのが分かりますので、どういった形で相手を楽しませようとしてくれているのかは、本当に人それぞれなんです。だから風俗って奥が深いんですよ。女の子次第でもありますし、その女の子と自分がどんな相性なのかと言うのもあるじゃないですか。それらによって、やっぱりいろんな気持ちが変わってくると思いますので、自分でも風俗は簡単には判断出来ない、とても深いジャンルなんだなってことに気付かされるんですよね。むしろその事実が、自分に更なるモチベーションを与えてくれると言っても過言ではないだけに、風俗って本当に貴重なんだよなって。