風俗帰りの銭湯が最高

風俗の時間は間違いじゃない

風俗での時間というのは決して間違いじゃないと思うのは、快感以外にもいろいろなものを得られるからこそですよね。特に自分が実感しているのは、風俗で得られる時間と言うのは他で得られないというか、唯一無二という点ではこれ以上のものはないんじゃないかなという点なんですよ。だからこそ、風俗での時間というのは特別と言うか、これだけは自分でも楽しまなければならないなって気持ちにさせられるというか。それだけに、風俗で遊ぶ時に自分が感じているのは「特別な時間」だということですね。そもそも、あの快感と言うのは他で得られない以上、風俗だけでしか味わえないというか、それだけの価値があるものってことじゃないですか。ということは、それだけ貴重なものであることを意味していますので、自分の中でも風俗の存在というのはかなり大きな物になっているのは言うまでもありませんし、やっぱり風俗って自分にとって格別と言うか、ありがたいものだなって。

非日常は常に自分から

待っているだけでは日常生活が過ぎていくだけです。毎日がつまらない、惰性、面白くない…。そんな愚痴を抱えているのであれば、まずは自分から積極的に動いてみることもまた、大切になってくるんじゃないのかなと思うんですよね。じゃあそれはどのようなシチュエーションで得られるのかと言えば人それぞれですけど、身近なものとしては自分は風俗を挙げたいですね(笑)風俗って実際に遊んでみると結構面白いし、それに遊べば満足出来るという最大の特徴もあるじゃないですか。そこに大きな感動があるんです。何かをするということは、ましてやお金を支払うということはお金だけじゃなくて時間まで消費しているんです。だからつまらなかったら時間とお金の双方を無駄にしてしまうんですけど、風俗であればそのどちらとも納得させられるというか、遊んで良かったという気持ちになれるので、日常を求めているけど何もしていないという人は、とりあえず風俗に行くべきです(笑)